ここがページの先頭です。

横浜 中田にある夜間診療もやっている歯医者 / さくら歯科クリニック

医療法人社団 星桜会 さくら歯科クリニック横浜中田
医療法人社団 星桜会 さくら歯科クリニック横浜中田
ホーム > 診療科目 > 矯正治療 > 小児矯正について
矯正治療
小児矯正(子供の矯正歯科)
開始時期とその意味
矯正治療をはじめるのに最適な時期は症状によって、またお子さんによって違いますが、小児矯正では7〜8歳が最適の年齢です!
矯正歯科治療先進国のアメリカでは、矯正歯科治療の初診年齢として7歳が一般的です。
お子様の口の中の健康を考えたとき、できるだけ早く一度歯科医に診てもらうのは非常に良いことです。
次のような様子がみられたら、是非当医院に一度相談にいらしてください。
  • 噛みにくい
  • 口呼吸
  • 指しゃぶり
  • 前歯の重なり
  • 関節雑音
  • 前歯が出ている
  • 前後が反対
  • 噛み合わせが悪いと感じる
  • 歯間離開(上と下の前歯に隙間がある)
  • 開口(いつも口が開いている) など

など
は特徴的な症状です。

ページトップへ
早期受診におけるメリット
どのような年齢でも美しい笑顔を創り出すことができますが、最適の年齢があります。できるだけ早い年齢に初診を受けていただくことで、個々の子供さんが最小の治療期間と費用で最大の効果をあげられるか。いつ、どのような治療を受ければ良いかをお話することができます。
早ければ治りますが、時期を逃すと顔や顎の成長が終了してからでは治らなくなってしまうような場合を防げます。
矯正歯科治療の重要性
両親は子供に美しい笑顔を持って欲しいし、お子様も健康で素敵な笑顔を持ちたいでしょう。
矯正治療のゴールもそこにあります。
また、咬合異常を治療しないで放置すると、う蝕(虫歯)・歯周病・骨吸収・歯の欠損・顎間接症になり易いのです。
成人になってからこうした症状を治療するには、今支払う矯正料金より遥かに高額になる可能性がありますし、治療しないでおくと、お子様の発音・全身状態などに問題を生じるようになる可能性もあります。
美しい笑顔になれば自身が生まれます。
歯並びを治すことで、お子様がより良い環境を選択できることになるのです。
ページトップへ
診療ご予約は、お電話で承ります。電話番号:045-410-7119